Linuxカーネルに意図的にバグを混入したとして大学にコミュニティ出禁措置

まあまあ前の話だけど、厄介なことになったなあ。

感想

OSSはボランティア&性善説で成り立っているので、悪意ある人間がこういうことをしてしまうと取集がつかなくなってしまう。

今回は研究目的と言っているけれど、本当に悪い人が本気でバックドアを仕込んでしまったなら一体どうなるのか。

世界中の基幹サーバーの情報が悪い人のところに集まる仕組みが仕込まれているなんて悪い冗談としか思えない。(トラフィックですぐに特定できそうな気もするけれど)

余談

コミュニティとミネソタ大学は喧嘩するのかなと思いきや早い段階で謝っていた模様。

他人事ながら平和裏に解決することを心から願う。

LinuxコミュニティからBANされたミネソタ大学が「信頼を取り戻すため努力する」とおわびの公開書簡を発表
「偽善者によるコミットでオープンソースソフトウェアに脆弱性が密かに導入される可能性について」という論文をめぐり、ミネソタ大学の研究グループがLinuxカーネルに脆弱性を含むパッチを送信していたことがわかり、LinuxコミュニティからBANされる事態となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました